求人検索サイト「Job-link!」

2008年10月17日

全国の運転手のために死刑にしてほしい

 故意に車にぶつかり、相手から金をだまし取ったとして、富山県警に詐欺容疑で逮捕された男が、全国で200件の当たり屋を繰り返し、「けが人を装うため、カッターナイフで体を切った」と供述していることが17日、分かった。
 男は住所不定、無職石村正儀被告(36)=詐欺罪で起訴=。
 高岡署の調べによると、石村被告は9月中旬、高岡市羽広の交差点で、左折してきた男性(72)の乗用車の右側面に自転車で衝突。治療費や自転車修理代として、男性の息子から十数万円を詐取した疑い。
 石村被告は自ら被害者として110番していた。これまでに83件の被害届を出し、総額135万円をだまし取っていた。「すぐに避けられない高齢者のドライバーばかりを狙った」と話している。 (当たり屋行脚、200件か=36歳男「カッターでけが装う」−富山(時事通信) - Yahoo!ニュース)
posted by 金融道 at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。